本文へ移動
 『できるように努力する』事こそが大切で、
 『人を思いやれる心がもてること』が素晴らしい。

新着情報とお知らせ

10月 園だより
2021-10-01
 園庭の柿の実も色づきはじめました。園舎から見える田畑の畦に彼岸花の赤い花が見え始めると阪南の秋は
一気に深まります。
 朝、夕めっきり涼しくなり、秋風が吹く中、子どもたちは元気いっぱい、園庭でかけっこ、サッカー、
鬼ごっこなどをし、身体を動かす心地よさを感じています。
「とんぼのめがねは水色めがね青いお空を飛んだから~♪」と、時々聞こえてくる歌声に導かれ園庭を見て
みると、両手を大きく横に広げ、とんぼに変身した子どもたちが気持ちよさそうに駆け回っている姿に
ほっこりします。
 先日の中秋の名月の日には、各クラスでスクリーンに映した絵本を聞いたり、小麦粉粘土やお花紙を使って
おだんご作りをしたりしました。大小さまざまな丸い物や、うさぎの顔になった物、雪だるまの形をした物
など、色々なおだんごができていました。シニアCクラスが造形表現で描いた大きな月の絵の下には、
みんなの作ったお団子と、お花、季節の野菜をお供えし、にぎやかな玄関となりました。飾った後は、
みんなで、ハイ・チーズ!!と、にっこり笑顔での写真撮影となりました。
 
 新型コロナウィルス感染拡大防止策として発令されていた緊急事態宣言が解除され少しずつ、感染も収まり
つつあるように感じますが、まだまだ油断の許されない日々が続きます。子ども達の健康と安全を一番に考え、
感染リスクを少しでも軽減するための環境を整えるとともに、今後とも職員一同、気を緩めることなく、
より一層の感染防止対策に努めてまいります。
日中と朝夕の寒暖の差が激しく、体調を崩しやすい時期になります。薄着の習慣をつけ、規則正しい生活リズムと食生活で、健康に過ごしましょう。
 
                                       副園長 山本 さとみ
 
TOPへ戻る